研修イベント

イベント開催日順(降順)に終了した記事も含め表示しています。

一般社団法人に関する実務上の基礎知識・留意点

実務研修部

開催日 2018/07/20

中野部会と共催で研修会を開催します。 平成30年度税制改正において一般社団法人等を利用した相続税の節税スキームを規制する改正が行われました。 今回の研修では、この改正点に加え、一般社団法人に関する実務上のポイントを解説します。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。   (研修内容) ・一般社団法人の制度と特徴 ・「非営利型」一般社団法人の要件と税制 ・NPO法人と非営利型一般社団…

税法判例研究会 第3回

研究部

開催日 2018/07/19

皆様、こんにちは。税法判例研究会 第3回を下記要領で開催します。 税務に関する判断力と論理的記述力を高めよう 税法の解釈・適用は、税理士の重要な業務です。私たちは日常的に会計処理をしていますが、この会計処理は税法の解釈・適用の結果にほかなりません。しかし、会計仕訳ではなく、税法の解釈・適用を書面で論理的に書くということも、税理士にとってきわめて重要な業務です。 新司法試験の租税法試験問題は、一定の…

税法学原論研究会 第9回

研究部

開催日 2018/07/13

皆様、こんにちは。税法学原論研究会 第9回を下記要領で開催します。 今回は「租税法律関係の性質」がテーマです。ポイントは「課税庁と納税者との間の租税法律関係をどうみるか」ということで、「租税権力関係説」と「租税債務関係説」の対立がみられます。北野先生は、租税法律関係は実体税法を重視し課税側と納税者側が対等の関係であるべきとする「租税債務関係説」を「法認識論と法実践論」の観点から整理し、申告納税制度…

秋季シンポジウム・ガイダンス

研究部

開催日 2018/07/02

全国青税秋季シンポジウムについて 皆さんこんにちは。 秋季シンポジウムは、全国青税の2大イベントのひとつ(もう一つは総会・全国大会)で、各地の単位青税がそれぞれ論文作成及び工夫をこらした発表を行い、交流を深めます。 今年は11月10日(土)に神戸で開催されます。 本年度の大テーマは「再検討!日本の税制 ~ここが変だよ日本の税制~」です。   東京青税は所得税法における「金融証券税制」を取…

不服申立ての実務・連続講座(全3回)~不服申立ての「理由」の書き方を学ぶ~

研究部

開催日 2018/06/14

毎年ご好評を頂いている“不服申立ての「理由」の書き方を学ぶ”研修会を今年も実施します! 不服申立ては、税理士試験問題にも出ませんし、税理士実務でもなかなか経験できるものではありません。しかし、更正処分等を受けた場合に備えて不服申立ての知識を学んでおくことはこれからの税理士実務において極めて有用です。いざ不服申立てをしようと思っても、不服申立書(特に「理由」)をどのように書いたらよいのかわからなくて…

労働法…知っておかなければならない基礎知識 ~従業員との間のトラブルに巻き込まれないために~

実務研修部

開催日 2018/06/07

顧問先企業から労務について相談を受けることはないでしょうか。 今回は、東京青税会員で社会保険労務士の梶田義孝会員(渋谷)に、労働法の基礎を解説して頂き、顧問先企業で起こり得るトラブルを未然に防ぐ方法を紹介して頂きます。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。   (研修内容)  ・知っておいた方が良い労働法 ・従業員を採用する際には・・・ ・従業員が退職する際には・・・ ・パート、…

税法学原論研究会 第8回

研究部

開催日 2018/06/05

皆様、こんにちは。税法学原論研究会 第8回を下記要領で開催します。 今回は、昨年10月に続いて2回目の登場となる本村大輔氏をチューターにお迎えして、税法の解釈と適用について学びます。本村氏は「税法学原論」の著者である故北野教授の孫弟子にあたる気鋭の研究者です。 私たちは、「租税法律主義の原則」に基づいてどのように税法を解釈し適用していくべきなのでしょうか?その基本原理から具体的な事例までを皆さんと…

第58回定期総会のご案内

総務部

開催日 2018/06/02

会員のみなさまにおかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 また、日頃より東京青年税理士連盟の活動に多大なるご協力と深いご理解を賜り、誠にありがとうございます。 さて、東京青年税理士連盟第58回定期総会を下記のとおり開催いたしますので、ご多忙中誠に恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえご出席くださいますようお願い申し上げます。   記   ◆日 時 : 平成30年6月…

税法判例研究会 第2回

研究部

開催日 2018/05/24

皆様、こんにちは。税法判例研究会 第2回を下記要領で開催します。 税務に関する判断力と論理的記述力を高めよう 税法の解釈・適用は、税理士の重要な業務です。私たちは日常的に会計処理をしていますが、この会計処理は税法の解釈・適用の結果にほかなりません。しかし、会計仕訳ではなく、税法の解釈・適用を書面で論理的に書くということも、税理士にとってきわめて重要な業務です。 新司法試験の租税法試験問題は、一定の…

最近の税賠訴訟事例と予防策

実務研修部

開催日 2018/05/19

会員の方々からご要望の多い土曜日研修を神奈川青年税理士クラブと共催で開催いたします。 今回は、税理士会支部研修の講師等、多数の研修実績のある弁護士の内田久美子先生をお招きし、税賠訴訟について最近の事例を紹介していただき、その予防策を講義していただきます。 会場の都合上、事前の申し込みによる参加募集とさせていただきます。参加ご希望の方は、4月27日(金)までにFAXもしくはメールにてお申込みください…