不服申立ての実務・連続講座(第3回) ~不服申立ての「理由」の書き方を学ぶ~

研究部

 up2015年04月08日

東京青年税理士連盟
会 長 芳賀 保則
研究部長 平良 夏木

毎年ご好評頂いている“不服申立ての「理由」の書き方を学ぶ”研修会を今年も実施します!

不服申立ては、税理士試験問題にも出ませんし、税理士実務でもなかなか経験できるものではありません。しかし、更正処分等を受けた場合に備えて不服申立ての知識を学んでおくことはこれからの税理士実務において極めて有用です。また、いざ不服申立てをしようと思っても、不服申立書(特に「理由」)をどのように書いたらよいのかわからなくては不服申立制度を納税者のために活用できないに等しいことになってしまいます。

また、将来において補佐人講座の受講を考えられている方にはその入門としての勉強になると思います。

この講座の特徴は、不服申立書に記載する「理由」の書き方を受講生の皆さんに実際に書いてもらうことにあります。「理由」の書き方には、一定のルールがあり、論理性と説得性が求められます。これらを理解し、実際に書くことで学んでいきます。

なお、この講座は、進行上3回連続で出席可能が望ましいですが、1回だけの参加でも可能です。ただし、第3回目は提出された課題を基に研修会を行いますので、指定日(第2回目のときにお知らせします)までに、皆さんが「理由」を実際に書き、提出していただいたうえでの参加が必要になります。

税理士(専門家)としての資質の向上には、不服申立て制度の理解と書くトレーニングが必要です。その両方が盛り込まれた有用な講座ですので皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

開催日時と内容

第1回 平成27年5月8日金曜日 18時45分~21時
(チューター:余郷太一会員)
①税額確定手続きと不服申立て
②不服申立て制度の概要(現状と手続き等)
*平成26年度税制改正のポイントを盛り込んだ内容で進めて行きます。
第2回 平成27年6月4日木曜日 18時45分~21時
(チューター:高橋紀充会員)
①論証文章(=「理由」)の書き方
②「理由」を書く事例紹介
*この事例に基づき、課題として実際に「理由」を書いてもらい、事前にチューターにメール添付で提出します。(提出された「理由」をチューター及びオブザーバーが添削し、第3回目に使用します。)
第3回 平成26年7月8日水曜日程未定 18時45分~21時
(チューター:余郷・高橋会員)
*提出された課題を基に、「理由」の書き方を検討します。

場所

東京税理士会館 会議室
チューター:余郷太一会員、高橋紀充会員
オブザーバー:小池幸造会員(元東京青税・全国青税会長、元静岡大学教授、日大大学院講師)

資料準備の関係上、参加希望者はFAX又はメールにて事前に申込をお願いいたします。

FAX:03-3354-4095
Mail:tokyoaz@wmail.plala.or.jp(東京青税事務局)

開催日  2015/07/08