ディベート・シンポジウムガンダンスのお知らせ

2015年07月07日

                                 東京青年税理士連盟
                                 会長            森 智之
                                 研究部長         阿部 圭子
                                 制度部長 兼
                                 シンポジウム実行委員長  平良 夏木
1. ディベート大会について
皆さん、こんにちは。今年も、ディベート大会を開催します!
対戦相手は、青山学院大学 中村芳昭教授の税法学ゼミ学生(対戦相手は昨年の例です)を予定しています。テーマは中村芳昭教授からご提案いただきますが現在のところ未定です。(決まり次第ご報告します。)
大会当日(2015年10月の土曜日 *日程調整中)の会場は、青山学院大学の法廷教室を使用しますので、出場者は実際に訴訟代理人になったような緊張感と臨場感あふれる雰囲気を経験することができます。
大会へ向けた準備は8月から開始します。テーマごとにチームを組み(2組予定)、本番までは会員同士で学習会を繰り返し、各テーマについて深く掘り下げていきます。ディベート経験がなく、法学部出身でもない方こそ、是非ご参加下さい。大会が終わる頃には、理論武装して自分の意見を臆することなく主張できるようになります。 税務調査できっと役立ちます。

2.全国青税秋季シンポジウムについて
今年の全国青税秋季シンポジウムは11月8日(日)に東京(大手町)にて開催されます。
本年度のテーマは「未来へ~次世代に繋ぐ。応能負担原則の視点から見た税制の分析と提言」です。
昨今の税制は、憲法の視点からあるべき税制といえるのでしょうか。東京青税が常に主張している「応能負担原則」の視点から分析した場合、問題点は何処にあるのでしょうか。今回は、こういった問題意識を全国の単位青税で共有し、叡智を結集した論文作成・発表を行います。東京青税は、会場だけでなく、論文も全国の単位青税の取りまとめ役ということで、「応能負担原則と税理士~なぜ税理士が税制を提言するのか~ 」という内容を提言してみたいと考えています。(シンポジウム当日は各単位青税の内容発表会です!)

まずは、説明会を開きますので、少しでも興味のある方は是非ご参加下さい。
  記
◆ 日時 平成26年8月4日(火)18時45分~20時45分
◆ 場所 東京税理士会館 地下会議室
住所:渋谷区千駄ヶ谷5-10-6
◆ 内容 ①「ディベート」について説明 : 高橋紀充会員
    ②「シンポジウム」について説明 : 平良夏木会員
    ③過去に行われたディベート、シンポジウムの様子のビデオ上映(予定)