個人情報取扱細則

(目的)
第 1 条 この細則は東京青年税理士連盟(以下「本会」という)が保有する個人情報の適正な取扱いにつき必要な事項を定めることにより、本会の円滑な運営と個人の権利利益の保護に資することを目的とする。
(責務)
第 2 条 本会は、「個人情報の保護に関する法律」等を遵守するとともに、本会の活動において個人情報の保護に努めるものとする。
(個人情報取扱責任者)
第 3 条 個人情報取扱責任者は、会長とする。
(周知)
第 4 条 個人情報取扱責任者は、個人情報取扱細則の内容をホームページ等にて会員等に周知するものとする。
(個人情報の定義)
第 5 条 この細則における用語の定義を次のとおり定める。
  • 一. 個人情報とは、生存する個人の情報であって、氏名、生年月日、住所その他の記述等により、特定の個人を識別することができるものをいう。
  • 二. 本会が管理する個人情報とは、本会が保有している個人情報を記録した文書またはこれを電磁的に記録したものをいう。
(個人情報の取得)
第 6 条 本会は、届出書等により、会員等に係る個人情報を取得するものとする。
2. 本会が取得する個人情報は、次に掲げるものとする。
  • 一. 氏名
  • 二. 住所
  • 三. 電話番号
  • 四. ファックス番号
  • 五. メールアドレス
  • 六. 税理士登録番号
  • 七. その他、運営上必要な事項で、本人の同意を得た事項
(利用目的)
第 7 条 本会が取得した個人情報は、会員との連絡、資料の送付、会費の請求、広報活動その他、会の運営上必要と認められる事項に利用する。また、これらの目的のため に配送業者・提携事業者などへ必要な情報を伝える場合や、法令の要請があった場 合等を除いて、個人情報を第三者へ開示しない。
(管 理)
第 8 条 取得した個人情報は、文書情報の場合には鍵のかかるキャビネット等に保管し、データの場合はパスワード設定およびウイルス対策ソフトを導入したパソコンを利用するなど、適切に管理するものとする。
2. 不要となった個人情報は、個人情報取扱責任者が廃棄すべき情報の確認を行い、廃棄又は削除するものとする。
(個人情報の開示等への求めへの対応))
第 9 条 本会保有の個人情報については、別に定める書式に本人確認書類を添えて開示を求めることができ、本会は正当な理由がある場合には、原則としてこれに応じなければならない。
(個人情報の利用停止および削除等の求めへの対応)
第 10 条 本会保有の個人情報については、別に定める書式に本人確認書類を添えて個人情報の削除等を求めることができる。
2. 本会は、個人情報の訂正の求めがあった場合には、原則応じなければならない。
(漏えい等発生時の対応)
第 11 条 個人情報の漏えい等が発生した場合は、個人情報取扱責任者は、漏えい等による被害が拡大しないよう必要な措置を講じなければならない。

2 . 個人情報取扱責任者は、漏えい等の内容に応じて、二次被害の防止、類似の事象が発生しないようにするため、事実関係等を速やかに本人へ連絡する。

3 . 個人情報取扱責任者は、漏えい等の内容に応じて、事実関係及び再発防止策等について検討し、必要な措置を速やかに講ずる。

(細則の改廃等)
第 12 条 本個人情報取扱細則の改廃は、役員会の決議によるものとする。
附則
第 1 条 規則ならびにこの細則にない事項は役員会の決議によるものとする。
第 2 条 この細則は、令和2年1月17日から効力を発する。